09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.13
……冷える…。…あぁ、そういえば……明後日は十三夜、だと…丸い月を見て、思う夜……。
青い、空を流れる…雲を見つめているような……季節の欠片をすくいあげるような……刻を楽しむは、夏…だけ、だったか……。
……秋は、駆け足……。それでも…微かに、金木犀の香りが、届く。

……琴線に触れる、と言う…。
心に、か…自分に…、感覚に…? ……琴の糸を、指で、弾いたような……広がる揺らぎを、引き起こす……出会い、みたいな…もの。
……曖昧だけれど、一方的には…よくある世界、と、言って良い…かしら……。掴もうと、手を伸ばすのも……胸の内で、余韻に…酔いしれるのも……楽しい、…そう微笑む。
幾度と……音を鳴らす。……心地よい……、そんな音。

……ん…、冷える…。……寒い夜は…薄着か、何も着けずに、毛布にくるまる方が…気持ち良くて、好きね……。……まだ…少し、気が早い、けれど……(くす)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。