09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.08.14
…雷鳴、轟く……世界の、始まり……。…始まり、も…終わりも……世界、も…全て……あるのは自分の中に、だけ……。

…空が…綺麗で……響く空気が、誘うから……。
…木蔭で雨宿り、しながら、じっと…眺めて、いた……夕焼けが混じる、と……紫色の雷光、に…なりもする、のね……。

気付く、と…近くの樹の下で……黒猫が、濡れた体の毛繕い…して、いて。
…目が合って…しばらく、何気なく……見つめていた、けれど……
ふらっと……雑木林の中に…消えて、しまったわ……。

……動物、だって…何か…心得ているもの、が…あるのかもしれない、わね……。…あまり…懐かれた記憶、は…ないから……。
…でも……そうね、例えば……『おいで』と…、声を、かけられたい…なんて、ことも……あるの、かしら……?

雷、過ぎた朝は……いい、天気……。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。