02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.15
……過ごし易い、柔らかな陽が…差し始める、頃合に…
…冷えるわね、と…思ったら……雪が、ちらついて、いて……。

……ひとあし早い、桜の花びらの…ようね そんな風に、ふと。
桜は…空に知られぬ雪、とも…詠まれる…もの

…春と冬のまじりあう…香りのする、空気を吸い込んで……
………繋がる空を…想う。

……人は…暖かな春の訪れを、待ち望むものなのでしょうけれど…、
…暖かくなり、寒くなり……その、身を締めて放つような、
寒暖の差こそが……強く咲き誇る…桜を、育てるのですって。


……目紛しさが……少し、眠気を、……誘う、けれど
ただ…かわらずに。
スポンサーサイト
2006.03.13
……目を…逸らしても、事実は曲がりはしない。

だから、受け入れて……。
……受け入れて、辛くても、悲しくても……大丈夫。
だって、……それが、事実なんだもの…?



…………抗う、のは……… ………?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。